我が子たちのスキンケアをガンバるママ

乾燥肌というのは、肌の表面の皮脂が少なくなって、肌の内部に水分を保持する成分が少ない状態のことをいいます。

乾燥肌になると、肌は様々なトラブルを引き起こします。

よくあるトラブルの代表が皮膚が痒くなること。

痒くて痒くて、かきむしってしまうと皮膚の状態はさらに悪化します。

そして、そこに細菌が入り込むと炎症が起きてしまい・・・という悪循環になってしまうのです。

傍からみると、「掻かなきゃいいじゃん」と思うかもしれませんが、乾燥肌の人からみるとそうはいかないようです。

可哀想ですね。

また、赤ちゃんはちょっと目を離すとお顔をツメで掻いていたりします。

うちの家族はそんなふうに、みんな痒みと付き合っているんです。

本当に痒みのない人たちが羨ましいんですが、そうはいってもしょうがないので、日々のスキンケアに邁進するしかありません。

それでも悪化してしまったときは、皮膚科に行くと、ステロイドを処方されています。

そうなんです。

うちはアトピー持ちで乾燥肌なので、ステロイドも結構すぐになくなってしまうのですが、我が子たちの皮膚の状況をしっかり観察して慎重に塗っていこうと思います。

今後も大変ですが、アトピーや乾燥肌はある程度遺伝性のものもあるのでしょうがないですね。

というわけで、今日も日々我が子たちの乾燥肌のケアに励んでいます。

同じ境遇の人もいると思いますが、諦めずにスキンケアを頑張りましょう!!

https://xn--cckza3kzbr0b4174d3fta.xyz/